保存状態をよりよくするには?タイムカプセルを土中に埋める場合

特殊ガスバリア袋内でさらに低酸素の状態を作り、収納物の酸化・劣化を軽減します。当店タイムカプセルと併用することで、二重構造となり、土中など湿度の多い場所の保管の場合、結露による影響も大幅に軽減となります。

※酸素透過度の極めて低い特殊ガスバリア袋と、タイムカプセル標準付属品よりさらに強力な脱酸素剤(適量)の組み合わせによって低酸素状態を作ります。

酸化防止セット
 特殊ガスバリア袋6袋 + 超強力脱酸素剤(適量)、ご利用の手引き
カプセル同時申込割 5,000円税別 / 単独申込 6,000円税別
納期:3営業日
酸化防止セット
 

ガスバリア袋のサイズについて

特殊ガスバリア袋の内寸:縦約280mm×横約190mm(外寸:縦300×横220)ですが、収納後、圧着封をする必要がある為内寸縦方向最低50mm以上は圧着幅として空きの確保が必要です。しかも収納物の厚みが出る程、内寸はさらに圧迫されますので、縦横できるだけ小さいサイズの収納物が推奨されます。下記参考収納可能をご参考ください。

<ガスバリア袋の参考収納量>
例:紙等の場合、最大縦222×横180程度(但し厚みがない場合にて)
例:B4用紙1枚入りの封筒(洋形6号:98×190㎜)25通程度
例:普通紙B5 二つ折or三つ折or四つ折にて50枚程度(折らずそのままは不可)
例:普通紙A4 縦横四つ折(※)にて50枚程度
例:官製ハガキ 100枚程度
※A4三つ折・ A4二つ折で50枚程度の場合、縦方向210mm専有かつ厚みがでることにより、圧着しろ(50mm以上推奨)に余裕が少なく、圧着作業が多少しにくいです。作業上の点より、四つ折にするか、B5サイズ(縦方向182mm)を推奨します。
・立体物の場合:180×150×30程度

使い方と収納例

酸化防止セットを併用した場合は、併用しない場合に比べてタイムカプセルへの収納可能量が、格段に少なくなります。
<例>400-02タイムカプセルNo.650に、50名分の封筒(手紙1枚)を収納

1.準備(パック作成)

タイムカプセルと酸化防止セット
特殊ガスバリア袋に収納物と超強力脱酸素剤を入れ、熱シール機(ご家庭用アイロンで代用)で圧着させパックを作ります。(詳細は同封の「ご利用の手引き」参照)

例:ガスパリア袋にB4用紙1枚入った封筒(洋形6号:98×190㎜)25通程度と超強力脱酸素剤(適量)を入れたパックを2つ作ります。(但し、タイムカプセルの内径に細く入るよう事前に形を整える必要有り)

2.カプセルへ収納

タイムカプセルと酸化防止セット収納
完成したパックをタイムカプセルに投入します。(詳細は同封の「ご利用の手引き」参照)

例:400-02タイムカプセルNo.650に2パック入ります。二重構造が作れます。※尚、酸化防止セットは、当店タイムカプセルとの併用にて長期保存性を高めるものです。本品のみの単独使用はお勧めいたしません。

お申込み